ライン

第9回公開講座

平成16年5月8日(土)
宇宙から見る地球、そして君の町

東京大学教授      安岡 善文(やすおか よしふみ)

 人工衛星に積まれた計測器を使って空から地球を観る技術をリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは空から地上を観ることによって、我々の住む町のレベルから全地球のレベルまで、環境汚染や災害、また資源の分布を広い範囲にわたって短時間で観測できます。
 安岡善文先生はこの分野で世界的に活躍されている研究者です。今回は、宇宙から地球を観測する技術を使って、地球の大気や海洋、森林や町がどのように見えるかを、映像を使って易しく話していただきます。皆様、気軽にご参加ください。