ライン

第7回公開講座

平成15年5月10日(土)
ロボットも海の中から生まれる

東京大学教授      浦 環(うら たまき)

 深い海の中は、地球最後のフロンティアと言われています。世界で1番深いマリアナ海溝のチャレンジャー海淵約1万1千メートルの深さへは2人の人間が1960年にたった一度いったきり、誰も訪れていません。月に10人を超える人たちが送り込まれたことを考えると、深い海の底とは、なんと遠いところでしょう。高い圧力、光の届かない世界、不思議な生物たち、そういう人を寄せ付けない環境は、「鉄腕アトム」のようなロボットが活躍してくれるはずの場所です。
 浦 環先生は海中ロボット工学の世界的権威で、海の鉄腕アトムを目指して研究開発をしておられます。講演では海の不思議を通じて、ロボットたちが今どういう風に活躍しており、今後どう活躍するかについて、やさしくお話していただきます。